Top

onestop@phyathai.com

Phyathai Call Center 1772, +662-617-2444

心臓センター  (HEART CENTER)

 

パヤタイ2病院心臓センターは、国際認定を受けており、多くの経験と訓練を積んだ優秀な医師と看護師が24時間体制で一刻を争う心臓疾患の患者様に対応しています。センターには専用カテーテル検査室、ハイブリッド手術室などの最先端技術を兼ね備え、休むことなく治療を行っています。また、低侵襲心臓手術、オフポンプ手術や心臓の穴を傘状の閉鎖弁でふさぐ切開を伴わない治療にも対応し、最良の治療、患者様の早期回復に尽力しています。さらに、専門家チームが総合的なリハビリプログラムを策定し、日常生活への早期復帰を目指します。

 

施設

モービルCCU(移動式心臓集中治療施設):緊急用に、当センターでは心疾患専用のモービルCCU車を常備しています。この高規格救急車には、人工呼吸器、モニター心電図、パルスオキシメーター、輸液ポンプ等、心臓病救命に欠かせない重要な医療機器が搭載されています。当院までの搬送には緊急患者の治療を専門に訓練している救命救急の専門医、看護師が同乗し、最大限の蘇生措置を行います。

 

 

ハイブリッド手術室: インターベンション手法(開胸のない介入法)と手術室の持つ従来の外科的機能を組み合わせ、低侵襲処置と開胸手術の双方を行うことのできる融合型の手術室です。また、インターベンショナル・ラジオロジスト(画像下治療医)、外科医、麻酔科医など、複数の専門家が力を合わせてより安全で迅速かつ効果的な治療を行うことができるよう設計されています。さらに、Cアーム装置、CTスキャナ、MRI装置等の最先端の画像撮影機器を備えて複雑な低侵襲処置に対応し、患者様の外傷的負担の大幅な軽減や傷口の最小化、早期退院、リハビリからの早期回復を可能にしています。 

 

 

診療内容

 

-    心臓の診断検査

-    心臓の状態を調べるには非侵襲的でリスクのない数多くの基本的手法があります。 

-    心電図(ECG/EKG)

-    心エコー図

-    CT血管撮影

 

冠動脈疾患の可能性が認められる場合には、さらに詳しく検査を行います。

冠動脈造影検査(CAG) 

 

-    心疾患治療および手術:次のような血管形成術があります。

-    経皮的冠動脈インターベンション治療(PCI)

-    冠動脈バイパス術(CABG)

-    経皮的冠動脈形成術(PTCA)

-    バルーン血管形成術 

 

当センターでは胸部・心臓手術を行っています。 

 

-    腹部大動脈ステントまたはオープンステント治療

-    弁修復/置換術

-    ペースメーカー植え込み術 

-    胸部大動脈ステントグラフト治療(TEVAR)

-    腹部大動脈瘤ステントグラフト治療(EVAR)

 

 

 

場所・診療時間 

診療時間:月・土・日曜日 午前7:00~午後6:00、火~金曜日 午前7:00~午後8:00

場所:パヤタイ2病院A棟7階 

お問い合わせ:パヤタイコールセンター1772または電話番号+ 66 (0) 2617-2444内線 4735~4736番

 

健康記事

腹部大動脈瘤(トリプルA(AAA)自覚症状のないまま忍び寄るサイレントキラ

Read More

生体吸収性ステント:その仕組み

Read More

大動脈瘤

Read More