Top

onestop@phyathai.com

Phyathai Call Center 1772, +662-617-2444

アルツハイマー病

アルツハイマー病は脳の機能に影響を及ぼす神経疾患で,記憶障害や思考力の低下を伴います。65歳以上の高齢者に多く見られますが,若い人でも発症する場合があります。
 

兆候・症状

アルツハイマー病は軽い症状から始まり,時間が経つにつれて進行し,最後には日常生活にも介助が必要となります。
 
記憶障害:話したこと,約束,最近知ったことなどを忘れやすくなり,質問したことを忘れて同じ質問を何度も繰り返すこともあります。
 
時間や場所の感覚の混乱:アルツハイマー病を患うと日付や季節を忘れやすくなります。よく知る場所でも迷ったり,今どこにいるのか,どうやって来たのかもわからなくなったりすることがあります。
 

話す・書く

アルツハイマー病になると語彙を思い出すのに苦労するようになり,物事を特定する適切な言葉を見つけるのが難しくなるため,積極的に会話に参加しなくなったり,会話についていけなくなったりすることがあります。
 

思考力

アルツハイマー病になると集中力や思考力が低下し,特に数字等の抽象的な概念を理解するのが難しくなります。そのため,お金の計算や管理,収支合わせや請求書の記録などに以前より時間がかかるようになります。
 

判断力

アルツハイマー病によって判断力が低下することもあるため,正しい判断ができず自らを危険な状態に追い込むこともあります。
 

日常生活

病気が進行すると,日常行っていたことでも,料理のプランを立てて調理する,お気に入りのゲームを行うといった,順序立てて行う作業が難しくなり,さらに進行すると着替えや入浴の仕方を忘れてしまうこともあります。
 

性格や行動の変化

アルツハイマー病による脳の変化によって性格や行動に影響が生じる場合もあります。支離滅裂になる,疑い深くなる,落ち込みやすくなる,怖がりになる,心配性になる等があります。
 

アルツハイマー病の治療

薬の使用によって症状を緩和したり,病気の進行を遅らせたりすることはできますが,現在根本的な治療法はありません。動きやすく日常の作業を思い出しやすいように自宅の環境を変える等,支持療法によって患者さんの自立した生活をサポートすることが重要です。
 
 
パヤタイ2病院神経外センターまでお問い合わせください。
パヤタイ2病院国際対応センター

 

Tel:+66-2617-2444内線2020または2047,E-mail:onestop@phyathai.com
 


健康記事

骨髄移植

Read More

人工股関節置換術

Read More

腹部大動脈瘤(トリプルA(AAA)自覚症状のないまま忍び寄るサイレントキラ

Read More

胃食道逆流症 GERD

Read More

睡眠時無呼吸症候群

Read More

風邪とは違う副鼻腔炎

Read More